普段の生活を見直して、心臓病を悪化させないように気を付けよう

食生活を見直してみよう

心臓に何らかの疾患を抱えている人は、健常な人よりも人一倍生活習慣を見直さなくてはいけません。いつも通りの生活をしているつもりが、実はとんでもなく負担をかけてしまっている事もあるんです。特に気を付けなくてはいけないのが食生活です。慢性的に食べ過ぎてしまっている人や、お酒が大好きで飲みすぎてしまっている人は、心臓にそれだけ多くの負担をかけてしまっています。病院で先生に怒られない為にも、先ずは食生活の見直しをしてみましょう。

体重を意識して太りすぎないようにする

食生活が激しく乱れてしまっている人は、どうしても肥満になりがちです。太っている人はそれだけ心臓に負荷が掛かっている状態ですので、出来る限りダイエットをして、適正な体重を心がけるようにしましょう。既に肥満だという事で、高血圧であったり高血糖だと先生から言われている人は、特に定期的に病院に行って指導を受けるようにして下さい。自己判断で勝手に無茶なダイエットをしてしまいますと、その事が原因で心臓に負担をかける可能性がありますので、注意が必要ですよ。

ストレスを解消して禁煙を心がける

ストレスを多く感じてしまいますと、それだけで心臓に負担が掛かってしまいます。また、仕事が忙しいと、ついついタバコの本数が増えてしまうという人もいるでしょう。ストレスが溜まって、タバコを吸うという悪循環を繰り返しておりますと、直ぐにでも心臓発作を起こしてしまう可能性があります。ですので、タバコ以外にストレス発散をする方法を見つけましょう。ウォーキングなど、ちょっと汗をかくような事を趣味にしてみますと、生活習慣も改善する事が出来ますよ。心臓発作を起こさない為にも、生活習慣には気を付けましょう。

大動脈弁狭窄症とは、心臓の弁のうち、大動脈との間にある弁のことで、この弁が硬化してしまい血液がうまく流れなくなる病気です。