歯を失ってもまた取り戻せる!?インプラントという選択

入れ歯やブリッジにお悩みの方

入れ歯が合わない、ブリッジの調子が悪いとお悩みの方、実は歯を根元から失った場合でも、再び自分の歯を取り戻せたかのような治療法があるのです。それがインプラントです。簡単に言うと、歯の抜けた部分にボルトを差し込んで、それが顎の骨にくっつくのを待ちます。くっついたのを確認したら人工歯を被せるという方法です。ボルトを顎の骨と結合させるので、自分の歯と変わらない噛み心地を実現した新しい治療法がインプラントなのです。

健康保険が使えないという問題

インプラントは高機能な治療法ですが、健康保険が使えないため、1本30万円ほどと高額な治療費がかかる問題があります。本当は治療を受けたいのに、費用が高くて受けられないという問題が発生するのです。それに関してはデンタルローンなどを使うことで、月々に無理のない金額の分割払いを利用できますし、場合によっては医療費控除の対象となり、住民税の減税などの処理を受けられることもあるので、気になる方は一度歯科医院に相談するといいでしょう。

インプラントの問題点

インプラントは成功すると自分の歯を同じように噛める、非常に高機能な治療法です。顎の骨と結合はしますが、もちろん自分の歯ではないので神経がありません。そのため虫歯にはなりませんが、インプラント周囲炎と呼ばれる、歯周病に似た症状になることはあります。その際に神経がないため、発見が遅れる可能性があるのです。それを防ぐためにインプラント手術後は定期的に歯科に通って歯科検診を受け、必要であれば治療やメンテナンスを行うことです。

杉並区で行うインプラントでは、事前に歯の状態を確認してから治療方針を検討してくれるので安心できます。